妊活関連

妊活に漢方を検討中の方へ~薬局で漢方を使って妊娠した事例

医療機関でも妊娠を助ける漢方薬を処方しています

近年、漢方薬の処方や、サプリメントを販売する不妊専門医療機関が増えてきました。

妊娠の成立には「卵胞の発育・成熟」「排卵すること」「卵管采の卵の取り込み」「子宮内膜の形成(厚さなど)」「受精卵の分割」など女性側の条件と、「射精」「精子の数や運動率」「精子の遡上」など男性側の条件など、さまざまな条件が必要です。

妊娠を希望するも、なかなか授からず医療機関で一通りの検査をしても「異常がみつからない」ケースは多い。

西洋医学で治療できる不妊のタイプは限られいます。

妊娠成立の条件の中で「卵子の質」や「受精卵の分割」は、西洋医学的な医薬品や外科的な治療ではどうにもできません。

晩婚化が進み、初産年齢が上昇している現代では「卵子の質」問題も大きな課題です。

漢方は「卵子の質」や「卵管采の働き」や、「子宮内膜の厚さ」を良好にすることや、妊娠力に影響がある、胃腸の弱さ、冷え、元気がないなどの体質の改善が得意分野です。

当店では、医療機関でホルモン剤の処方、治療中の方でも、漢方相談に来店いただき「周期療法」という月経周期にあわせて漢方薬を飲み分けるという方法をお伝えし、妊娠をお手伝いしています。

周期療法とは

黄体機能不全 32歳女性

2度の流産を経験し、医療機関を受診されました。そこで黄体機能不全と診断を受けてホルモン治療とタイミング指導を受けていました。

体質は冷え性、便秘がち

婦宝当帰膠をベースに参鹿補血丸を処方~約3か月で自然妊娠、妊娠継続、出産されています。

予算1万円と低予算でしたが、排卵期~月経期に漢方薬を追加するなど工夫しました。

 

子宮腺筋症、チョコレート嚢腫 第2子不妊 38歳女性

第一子は手術にて治療、その後すぐに出産。第2子のために医療機関を受診しホルモン治療とタイミング指導を開始した。

腺筋症は少しあるが妊娠に影響ない程度、医療機関の治療は中止しました。

体質は月経痛あり、冷え性、疲れやすい

漢方薬など~婦宝当帰膠をベースに、二至丹、参鹿補血丸、冠元顆粒、五涼華などを月経周期で使い分け

漢方相談に半年ほど通っていたが予算等もあり、相談には来店せずに、ご自分で種類を減らして継続。

来店から1年後に自然妊娠の報告いただきました。

 

子宮内膜症 AMH1.2 FSH75 38歳女性

20代の頃に子宮内膜症を発症、ピルなどホルモン治療でコントロールしていた。

紹介で来店いただき、高度生殖医療の専門病院への受診をすすめ、詳細な検査を受けること、その上で中西医統合の方向性で、漢方薬を使っていただきました。

体質は月経不順、無排卵、冷え性、疲れやすいなど

漢方~婦宝当帰膠をベースに、亀鹿仙、二至丹、参鹿補血丸、五涼華など

途中、体調を崩すなどあり服薬中断することがありましたが約8か月で自然妊娠、出産されました。

 

多嚢腫性卵胞 アトピー性皮膚炎 33歳女性

地元医療機関でタイミング指導、ホルモン治療を行っていましたが漢方相談を機に、医療機関を変更、体外受精を実施。

体質はアトピー性皮膚炎のため軽度の肌の赤みとかゆみ、冷え、疲れなど

初回漢方相談から3か月間、漢方薬を飲み、その後医療機関を変更、順調に採卵、移植を1回で妊娠判定陽性、妊娠継続、出産しています。

 

からだづくりに  35歳女性

冷え性、疲れが気になる、妊娠を希望しているという相談で、婦宝当帰膠をおすすめしました。

漢方相談を継続していませんが定期的に購入されて、半年後に妊娠されています。

 

子宝に漢方は有効ですが、相談するなら薬局が良い理由

冒頭でも言いましたが、近年、医療機関での漢方薬処方が増えています。

妊娠に関して処方される漢方薬の代表は「温経湯」が多く、疲れやすい人には「補中益気湯」など処方される漢方薬の種類も豊富になりつつあります。

漢方薬を試してみたい方にはとても良い傾向だと感じます。

ですが疑問を感じるのは2点

1点目は医師や薬剤師が漢方特有の診察方法や方剤学などを学習したことがあるのか?

2点目は漢方薬の効果です。

1点目は、漢方は病名や症状に対応させて、例えば風邪には「葛根湯」などと、決まった漢方薬を処方しません。

漢方独特の診察方法「弁証論治」という方法で体質を見立てて、処方を決定します。

ぜひ正しい診断ができる医師に相談してほしいと思います。

2点目は、保険で処方される漢方薬のほとんどが植物由来のものが多く、動物由来の生薬に比較すると効き目は穏やかな印象を受けます。

事例であげた「亀鹿仙」は動物由来の生薬で保険調剤では手に入りません。

生殖医療の値段は人工授精から体外、顕微授精とレベルが上がるにつれて金額も跳ね上がります。

ART技術は世界トップレベルですが、「卵子の質」や「妊娠の継続力」はご自身の身体次第なのです。

漢方薬ですべてがうまく行く保証はありませんが、貴重なチャンスを最大限生かすために、体作りを合わせて行ったほうが、結果、金額は安く済み、妊娠への近道だと考えます。

 

限りある時間を有効に

私どもの薬局がある室蘭では高度生殖医療ができる医療機関はありません。

車で1時間ほど離れた苫小牧市まで行かないと難しいため、都会にはない苦労があるように感じています。

ですがその分、自分で出来る努力はしやすいのかもしれません。

身体づくりをせずに生殖医療に身を投じるのは、いきなりエベレスト登山に挑むようなものではないでしょうか?

一歩づつでよいので、漢方相談を利用しながら、赤ちゃんを胸に抱く日まで、一緒にがんばっていきませんか?

お客様の限りある時間とお金を有効に利用できるように、精一杯、力添えができるようにお手伝いをしたいと思います。

 

 

 

  • この記事を書いた人

AYA TSUKEDA

室蘭市在住 所有資格は国際中医専門員、漢方スタイリスト、保健師、看護師、登録販売者 趣味はピアノ、旅行、読書 クスリのツケダイオン室蘭店で不妊、アトピー、皮膚病などの漢方相談を担当しています。

-妊活関連

© 2020 ツケダ薬局・クスリのツケダ公式サイト〜皆さまのかかりつけ薬局として Powered by AFFINGER5