アトピー、皮膚炎

夏マスクのかぶれに。薬局が勧めるお手当方法、漢方スプレーとは

  1. HOME >
  2. アトピー、皮膚炎 >

夏マスクのかぶれに。薬局が勧めるお手当方法、漢方スプレーとは

夏のマスク着用に注意!

マスクは単なる予防目的だけではなく、昨今、様々な用途で使用され、生活になくてはならない商品となりました。花粉防止、顔にできた湿疹を隠すため,口臭予防など様々。当店でも最近はマスクが少しづつ入荷できるようになってきましたが、まだまだ品薄状態が続いています。ここまでマスクに悩まされる日がくるとは思いもよりませんでした。

マスク必須な日常になりましたが、これからのシーズン、マスク使用にはかなり苦痛を伴うと思われます。そのため夏専用の夏マスクなども販売されはじめましたね。

たとえ通気性重視、速乾性、抗菌といわれたマスクでも、肌に直接触れますので、肌が弱い方はとくにマスクとの付き合い方には注意が必要です。

ニキビや脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎などの慢性炎症性皮膚炎は「熱」が悪化の原因となるため、本来であればマスク使用は避けたいところ。ですが世間的にマスクを手放すことはできない今、マスクとどう付き合うとよいのか?日頃、皮膚病の相談でお答えしているスキンケアについてお話をしますね。

 

夏マスクのかぶれ、痒み、赤みには漢方スプレーがおすすめ

マスクをつけていても、万人がかぶれるわけではありません。かぶれを起こす方は、もともと皮膚が敏感な方ではないでしょうか?生まれつき皮膚が弱いアトピー性皮膚炎の方や、敏感肌の方などは様々な刺激で炎症を起し易いですので特に注意が必要です。

「かぶれ」とは専門用語では「接触性皮膚炎」といいますが、マスクが刺激(原因)となり皮膚に炎症がおきる状況を言います。

マスクが皮膚に与える問題は2つ。

一つは自分の呼気によりマスクの中に湿気がこもる、外気温が上がればなおさらマスク内の温度も上がるため、炎症のある肌に「熱」と「湿度」はかなり大きな負担となります。

二つ目は布や不織布が皮膚に接触することで直接的に肌への刺激となります。

最近は不織布マスクを洗って使う方も増えており、洗剤の洗い残しや、マスクに除菌スプレーを直接かけてることで、アルコールが直接肌に触れるというトラブルも想定されます。

消極的な方法ではありますが、「マスクをしない」という選択肢が今のところない以上、トラブルがおきている肌をこまめにお手入れする方法をお勧めします。

瑞花露(スイカロ)スプレーを使ってみて!

すでに市販の軟膏などや病院の薬を使用されているかもしれませんが、それだけでは足りません。

簡単な方法ですので、ぜひこちらの瑞花露スプレーを使用してほしいと思います。

持ち歩き、1日に何度も顔にスプレーするだけです。

消炎、止痒、保湿、殺菌、整肌の5つを目的に中医学の理論から生まれた「漢方スプレー」です。

私達は痒みなど顔に違和感を感じると無意識に触っており、触ることで余計な負担を皮膚にかけています。

すでにマスクかぶれが起きてかゆみや、赤みがある方は患部に、小まめスプレーしてください。

かぶれ予防のために、マスクの方に直接スプレーする方法もあります。

 

医薬部外品 150ml入り 1,200円(税抜き)

配合成分:ユーカリ、チャエキス,ヨモギ、チョウジ、オウバクなど

スプレーの後は、お持ちの化粧水や乳液で保湿してください。

瑞花露シリーズの化粧水、クリームもあります。

化粧水などの水分がしみる場合、紫雲膏などの漢方軟膏や馬油、ホホバ油、アルガンオイルなどのキャリアオイルで保護することも良いと思います。

帰宅したらすぐに漢方シップでお手当てを

漢方相談ではアトピー、にきび、脂漏性湿疹、酒さなどの赤みや痒みを伴う皮膚の炎症に行ってもらっているのが漢方シップです。かぶれがおこっている方は、上記スプレーにあわせて漢方湿布をオススメします。

ぜひ下記リンクもご参照下さい。

漢方シップとは

東洋ハーブである「五行草(ごぎょうそう)」や「五涼華(ごりょうか)」を各1本ずつ水で溶いて、コットンなどを薬液に浸して、患部につける方法です。

【材料と湿布の方法】

①五行草1本

②五涼華1本(炎症が強い場合はこちらも使用)

③水100CC~200CC(はじめの1週間は200CCから始めて、だんだん水の量を減らし薬液濃度を濃くする)

①②を③の水に混ぜ、コットンなどを浸して患部に5分程度つけます。

注意:作った薬液の使用期間は冷蔵庫保存で1週間です。

 

肌の回復のために~早めに布団に入り睡眠をとって

身体は寝ている間に修復するとご存知でしょうか?

女性であれば、たっぷりと睡眠をとった翌日は化粧糊がよいという経験をした事があると思います。

どんなに良いサプリメントを飲むよりも睡眠に勝る特効薬はありません。

寝る時間帯も大切。日頃、午前を回る方は12時前を目標として、段階的に11時前には布団に入る事ができるのが理想。

布マスク?ガーゼマスクどちらが良いの?

肌に触れるものは通気性がよく汗を吸うものを勧めています。

「肌の健康を保つ」ためにはガーゼ生地仕様のマスクが良さそうですが・・

N95マスクといわれる高機能マスクは非常に息苦しい~つまり通気性はよろしくありませんね。

普通の不織布マスクの予防効果は弱いと言われているので「エチケット」としての使用であれば「自分の肌の健康を守る」方を優先したいと思いますが、いかがでしょう?

最後に

新型コロナウイルスとの共存の道はまだ手探り状態です。

マスク、消毒液、殺菌入り石鹸などウイルス除菌に注目しすぎる余り、自分の常在菌まで被害にあっていることに気がついているのかどうか疑問に感じます。

今回は「マスクかぶれ」に焦点を当てましたが「皮膚」は身体の中の最大の臓器といわれており、「顔」だけが弱っていることはありません。

皮膚炎をきっかけに、自分の体の様子を見直す機会にして、ウイルスに負けない身体つくりに興味を持つ方が増えることを願います。

 

  • この記事を書いた人

AYA TSUKEDA

室蘭市在住 所有資格は国際中医専門員、漢方スタイリスト、保健師、看護師、登録販売者 趣味はピアノ、旅行、読書 クスリのツケダイオン室蘭店で不妊、アトピー、皮膚病などの漢方相談を担当しています。

-アトピー、皮膚炎

Copyright© ツケダ薬局・クスリのツケダ公式サイト〜皆さまのかかりつけ薬局として , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.