店長の漢方diary♪

北海道は薬草の宝庫!五味子について中医学おはなし会で紹介

赤い実が綺麗な五味子

先日、とある原野を散策していると「五味子」の群生地に出会いました。

周り一面、五味子の赤いみが、たわわに実っているではないか!!

まさに収穫の秋という勢いで、美しい赤い実に感激しました。

五味子

散策した周辺は、かつてアイヌ民族が居住地としていた地域でもあるので、他にも興味深い薬用植物が多く自生していました。

貴重な植物ですが数がどんどん減っているようで本当に残念です。

ところで五味子は多くの民族に活用されているようです。

アイヌ民族は腰や膝の神経痛の際に五味子をお風呂に入れて沸かして入ったそうです。

韓国では五味子茶「オミジャ」と呼ばれるお茶が有名かもしれませんね、他にはお菓子の原料として利用しています。

では中医学ではどうでしょうか。

五味子は中医学では有名な生薬の一つで、様々な中薬(漢方薬)に配合されています。

中薬学(教科書)によると、五味子は以下のように記載があります。

マツブサ科チョウセンゴミシの成熟果実

性味 酸・温

帰経 肺・心・腎

収渋薬に分類されて、慢性の咳、息苦しさ、汗が止まらない、頻尿、遺精、慢性の下痢、疲労、倦怠感、夏バテなどの症状に利用されています。

五味子の名前の由来ですが、酸味、甘味、苦味、辛味、鹹味(塩味)の五味があることからついた名前のようです。

新鮮な五味子を口に入れると酸っぱい味が強く感じられます。

乾燥した黒い実の状態の五味子は酸味は弱く、確かに様々な味が感じられます。

体調によって味の感じ方が違うともいわれており、本当に面白い植物です。

中医学の基礎を学びませんか?

ツケダ薬局では2か月に一度、「中医学おはなし会」を開催しています。

少人数で開催していますので、毎回和気あいあいと楽しく学んでいます!

薬膳茶の試飲などもやっていますので、薬膳に興味のある方の参加も楽しいと思いますよ。

講座風景

くわしくはこちらからご覧ください~中医学おはなし会開催日程

  • この記事を書いた人

AYA TSUKEDA

室蘭市在住 所有資格は国際中医専門員、漢方スタイリスト、保健師、看護師、登録販売者 趣味はピアノ、旅行、読書 クスリのツケダイオン室蘭店で不妊、アトピー、皮膚病などの漢方相談を担当しています。

-店長の漢方diary♪

© 2022 ツケダ薬局・クスリのツケダ公式サイト〜皆さまのかかりつけ薬局として